ベビー服の種類と選び方

ベビー服を用意したいときには、どれから選んだら良いのかわからないことも多いです。ベビー服と言っても種類は様々なものがあって、お宮参りなどのイベントの時に着るおしゃれなデザインなものから、日常的に着ることのできるタイプ、活発に動けるようになってから着ることができるタイプなど選べます。新生児が退院した時や、お宮参りなどの際に着るベビー服がベビードレスです。おしゃれでデザイン性が高いのが特徴ですが、限られたタイミングでしか着ることがないため、一着あれば色々な場面で活用できます。

写真撮影をすることも考えて、質の良いものを選ぶことが良いとされています。低月齢期の基本的なベビー服としては、カバーオールやロンパースというタイプを活用します。足までしっかり包み込める形となっていて、ロング丈・ショート丈の両方が販売されています。簡単に着脱することができるため使いやすく、デザインが豊富なため出かける時はもちろん、室内着としても便利な服です。

生後6ヶ月頃になると体が安定してきて、お座りができる子もいます。上下別のタイプの服を着ることもできるようになるため、汚れた部分だけを着替えるということも可能です。コーディネートの幅も広がり、季節に合わせてショートパンツやスカート、スパッツなどを取り入れておしゃれを楽しめます。また、ベビー服の下に着る肌着などにも注意することで、赤ちゃんが快適に過ごせるようになります。

ベビー服のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*