ベビー服で最適な素材について

日本では年間、約100万人の赤ちゃんが誕生をしています。どこのご家庭でも生まれてくるお子さんに対して、丁重な洋服を用意して迎え入れていることでしょう。新しい命を育むことは、その家の繁栄を司るとも言えます。これは日本だけでなく世界各国でも同様であり、命の神秘を実感できます。

赤ん坊に着せる洋服のことをベビー服といいますが、ここでは簡単にベビー服に最適な素材について述べていきます。今ではポリエステルやシルク、ナイロンなど色んな材料で縫製をされていますが、そのなかでもっとも適切なものが綿です。その理由は、新生児はまだ肌の状態がデリケートだからです。化学繊維の場合、顕微鏡でその表面をみると尖っていることがわかります。

この尖っている箇所が肌を刺激してかぶれたり、アレルギーを引き起こす恐れがあるわけです。その点、綿は天然素材で誕生した繊維であるので、肌荒れをおこす心配はありません。ベビー服の代表である産着を見ると、大半の商品が木綿と記されています。ベビー服は夏と冬で生地の厚さも異なります。

冬に生まれた際は身体が冷えてしまわないようにしないと風を引く恐れがあります。必ず1枚ではなく2枚着用させるようにしましょう。ベビー服はデパートや量販店で買い求めることができますが、現在はネット通販でも数多く販売をされています。贈答用で買い求めるという方も多くいますが、その時は使用している素材をしっかりとみて買うことです。

ベビー服のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*