配送車をラッピングするメリット

現代では大型インクジェットプリンターの登場と、より高性能な特殊フィルムの登場により簡単に車体に図柄を表現することが可能になっています。それらはラッピングカーとも呼ばれ、特にバスやトラックなどでよく見かけます。また営業車にも使われるようになっており、車の外観を差別化するためにも使われています。そのようなラッピングの対象となるようになっているのが配送車です。

配送車は定期的にルートを移動するというものですから多くの人の目に触れるものです。このため広告媒体として非常に有効な存在です。特にトラックやバンといったものは車体も大きいので広告媒体としては最適です。配送車にラッピングするメリットは広告をするだけではありません。

車体に図柄を描くことでどのような商品を運んでいるのか分かりますし、またドライバーの意識を高めることができます。一方でラッピングをするメリットはよりカラフルな図柄を短時間で作ることができます。基本的に作り方としては貼り付ける車体に合わせて図柄をパソコンで作り、それらを大型インクジェットプリンターに出力するというものです。カッティングも機械で行い用意されたフィルムを任意の場所に貼り付けます。

このため施工そのものは1日程度で済ませることができるので塗装をするよりも短時間に作り上げることができます。またフィルムは剥がすこともできるので売却するさいに元の状態に戻すこともでき売却するさいにも有利です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする