営業車両をラッピングする効果とは

営業車両は一般的にはあまり装飾が施されていないことが多く、単純に社名を印刷していたり、社名のステッカーを貼り付けている場合がほとんどです。これは極力塗装を行わずに費用を削減することが多いため、必要最小限のデザインとしていることが多いものです。しかし営業車両を広告宣伝に活用したいと考えているところが多く、中には車両全面に広告を行いたいと考えているところも少なくありません。しかし自動車の塗装は非常に高額になることが多い上、再度塗装を行うと再度塗り直す際に多額の費用がかかることから実際にはなかなか行えないケースが多いものです。

また営業車両の特性として一定期間使用後中古車として売却すると言うことも多いため、この際にオリジナルの塗装がされていると非常に買取価格が下がってしまうと言う実態もあります。そのためせっかくの広告宣伝の機会が効果的に活かせないと悩んでいる経営者も多いのですが、このような場合に非常に便利なのがラッピングと呼ばれる方法です。印刷されたシートボディに貼り付ける非常に簡単な方法ですが、簡単に貼り付けることができ全面に塗装を行ったのと同じ効果が得られるため、近年では多くの機会で利用されています。営業車両にラッピングを行うメリットはいくつかあります。

1つは簡単に安価に車両の全面に広告宣伝が行えることです。印刷されたシートを貼り付けるだけのラッピングでは、ほとんどはシートの印刷費用で済むため、塗装に比べ安価に実現することができます。さらに何度でも張り替えられるのでイベントの告知などを行う際にも非常に便利です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする