営業車のラッピングは「DIY」がおすすめ

営業車として使う車には、社名や営業時間などを印字することが多くあります。もちろん、すべての営業車がそうなるとは限りませんし、購入時に仕上げたデザインをずっと使い続けられる場合も少なくありません。しかし、中には頻繁にデザイン変更が必要な状況もあります。しかし、その都度、営業車を塗り替えていたのではコストがかさんでしまいます。

とはいえ、必要な情報を公示できなければ営業車としての用途が半分しか果たせないため、仮にコストがかかったとしても必要なものとして支出することが普通です。あらかじめ必要経費として計上してしまえば問題ありませんが、「より安いコストでできる方法」があればそれに越したことはありません。自動車のカラーやデザインを変更するためには、基本は「塗装」で行います。ただ、「ラッピング」という方法があることは覚えておいた方が賢明です。

「ラッピング」とは、分かりやすく言えば「シールを貼ってデザイン変更をする方法」です。ラッピングならば非常にコストが安く済むため、頻繁にデザインを変更する必要がある状況でもコストを節約できます。ただ、これを業者に依頼すれば比較的高いコストが発生してしまうため、やはり気軽に行えない状況も増えます。しかし、最大の特徴は「ラッピングは簡単にできる」という点です。

業者依頼ならばコストがかさんでしまうところですが、DIYで行えば安いコストで済ませられる可能性が高く、自由なデザインで営業車を活用することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする