PRに適した車両ラッピング

街中に見かける自動車の中には自家用車や会社の営業車などがあります。ほかに荷物を運ぶためのトラックや人を運ぶためにバズなどもあります。このような車両はそのままでは特に目立つこともありませんが、ラッピングをすることで人々の目にとまるようになり移動するPR媒体となるのです。特に企業が所有するような営業車やトラックなど企業名をアピールするということや商品のPRにも使用することができます。

またバスや大型のトラックなどはその面積が大きいため非常に有効なPR手段となるのです。看板などと違い移動する媒体ということで多くの人の目にとまるようになります。車両ラッピングには特殊な技術が求められるということもあり、数多くあるフィルムの特性など熟知したプロの作業ということになります。自動車やバス、トラックなどの車両にラッピングをするということは外で使用することになり、天候などの環境に耐えられなければなりません。

紫外線や風雨など耐候性に優れた素材を使用することで長期間使うことができます。バスなどの広告として利用する場合は、環境に考慮して比較的短い期間でも貼替えができるような素材が適しているということにもなります。営業車などエコを意識した環境型の自動車にラッピングして企業のイメージアップを行うという方法もあります。毎日使用する営業車やバス、トラックなど動くPR媒体として活用するのはとても有用であり、いろいろな場所での認知も期待することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする