注目必至!?ラッピングで愛車を個性的に

サブカルチャー大国である日本。皆が独特の趣味や、個性を尊重しつつそれをアピールするような時代へと移りつつあります。そして自動車も日々の足やただ仕事の道具としてでなく、持ち主の個性や感性を表す一つの手段としての役割を果たすようになってきました。その代表たる存在に「痛車」と呼ばれるものがあります。

アニメやゲームのキャラクターで派手に彩られた車であり、注目の的になっています。しかし、これほど凝ったイラストやハッキリした塗り分けを塗装で行う事は大変困難な作業で、お金もかかってしまいます。そこで最近はカーラッピングによる自由度の高いカードレスアップが主流となっています。塗料を使用することなく、フィルムを切り貼りするだけで手早くローコストで仕上がります。

また、元に戻したい場合も張ってあるものをはがすだけですので、容易にラッピングする以前の姿に戻すこともできます。ラッピングによるドレスアップは自由度も高く、個人がDIYで行うことも可能であることもあって急速に普及していきました、もちろん大型のプリンターと施工ノウハウを持った業者も各地にあり、愛車をドレスアップしたい人が集まっています。個人の趣味だけでなく、企業宣伝として自社のトラックをラッピングし宣伝効果を狙ったりすることも可能ですし、バスなどでも大きな車体を利用してラッピングを施し季節ごとに色合いや見た目を変化させていく事で見る人を楽しませています。24時間のレンタカーのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする